一緒に旅を始めましょう。
ams AGが所有するamsブランドと、OSRAM GmbHが所有するOSRAMブランドは、個別に登録された商標です。

ラテラルフロー試験(LFT)

当社は、ラテラルフロー試験(LFT)を改善する光学読取方式を開発しました。LFTはシンプルな設計で必要な精度が得られるのが主な理由で、広範に利用されています。そのため、低コストで大量に試験を実施できます。LFTは小型で携帯でき、簡単に使用できます。現時点におけるLFTの主な短所には、感度の限界、信号定量化の難しさ、単回使用ではなく多重分析を行える検出の確立が挙げられます。こうした問題を克服するため、当社はLFTの性能を改善する小型で低コストな光学モジュールを開発しました。

本技術は光学感度を改善し、多重分析を可能にし、反射測定や蛍光測定といった様々な光学測定方式に対応できます。分光センサーを内蔵するamsの光学モジュールは、LFTへ統合できます。

この専用光学モジュールは、分光検出技術に基づいています。この分光検出チップ、AS7341を使用する場合は、amsのライセンスとサポートを取得済みの必要があります。価格とサポート情報については、当社までお問合せください。

Download factsheet English version

スペクトルセンシング分光器

光学分光器は、一般に数万ドルから数十万ドルの高価な分光器デバイスで使用されています。

アナログおよび光学センシング技術のリーダーであるamsは、分光器をチップスケールに落とし込みました。分光器オンチップのアプローチで本質的に革新することで、amsのスペクトルセンサは、あらゆる新しいタイプのアプリケーションやユースケースを可能にします。

高度なナノ光学干渉フィルター技術

携帯電話分野における環境光と光学センシングのリーダーとして位置づけを確立しているamsは、光学パッケージングのイノベーションにおいて数十年の経験を有し、あらゆるタイプのアプリケーション向けにコンパクトで高精度、かつコスト効率の高いスペクトルセンサソリューションを提供しています。

この費用対効果の高い分光器オンチップのアプローチの中核となるイノベーションは、シリコン積層製造プロセスの一部としてのナノ光学干渉フィルター技術です。

高精度のプロセス技術により、さまざまなセンシング要件向けに最適化された帯域フィルターとブロッキングフィルターを作成することができます。無機フィルターは熱安定性と長寿命を実現し、これまで不可能だった高精度な設計を可能にします。

高精度の色と光のセンシング

光学フィルターと超高感度フォトダイオードにおけるamsの技術的進歩により、消費者向けの価格帯で「目よりも優れた」レベルのカラーセンシングを実現しています。amsのスペクトルセンシングロードマップには、携帯電話やコンシューマーデバイス、医療機器、産業機器などに必要な量を量産できる製造能力に裏打ちされた近紫外、可視赤外デバイスが含まれています。

amsは、カラーマッチングおよび分析、スペクトルパワー特性分析、スペクトルシグネチャ分析といった、複数のアプリケーションを可能にする11チャンネルVISスペクトルセンサAS7341など、幅広いスペクトルセンシングテクノロジーを提供しています。

マルチスペクトル、ハイパースペクトル、近赤外

マルチスペクトル領域でのセンシングとは、人間の視覚範囲外の波長を「見る」ということだけではなく、異なる見方をするということです。光の組成を分析して光の特性を再構築し、個々のデータポイントを分解することで、新たな分析視点を生み出すことができます。

機械学習やニューラルネットワークと組み合わせることで、人工知能のアプローチはスペクトルデータを使用し、人の目には見えないものを明らかにすることができます。amsのチップスケールスペクトルセンシングがこれを可能にします。このテクノロジーは、食品の水分量や人体の水分レベルから、洗濯機に入れられた生地の種類の分析まで、増え続ける条件を測定するために使用できます。

新たなアプリケーションを可能にするスペクトルセンシング

光は赤、緑、青(RGB)だけで構成されているわけではありません。最新のホワイトペーパーでは、新しい光学センシングアプリケーションを分析してなぜRGBを超越するときが来たのかを説明し、amsのAS7341をはじめとするマルチスペクトルセンサのアプリケーションと利点について考察しています。水質、濁度、成分分析から、医薬品や高価値商品の確認と検証、健康、水分、湿度測定まで、消費者向けアプリケーションや産業アプリケーションにおける高精度な色検出の利点について説明します。