ウェビナー:自動車のプロジェクション照明との通信

ウェビナー:自動車のプロジェクション照明との通信

2019/09/26 - 2019/11/05

オンラインウェビナー

Booth No.:

ブース番号:

Event-Website:

オンラインウェビナー

自動車の設計エンジニアがプロジェクション照明を使用し、現在出回っているシンプルで単純な照明機能を超えて車両と道路との間で通信できるようにします。

自動車の設計エンジニアがプロジェクション照明を使用し、現在出回っているシンプルで単純な照明機能を超えて車両と道路との間で通信できるようにします。

 

amsはオートモーティブの画像プロジェクション、照明配信、照明アプリケーションにおけるマイクロレンズアレイ(MLA)の開発で最先端を走ります。これらの超小型プロジェクターは多面体のプロジェクション光学機構を内蔵し、オーバーレイを通じてあらゆる画面へ多くの個別画像を表示できます。深いレベルでフォーカスを行えるため、曲面、傾斜、あるいはフリーフローの表面においても鮮明に投影できます。 このウェビナーでは、3つの対象分野にてオートモーティブ市場における近い将来の機会を満たすための技術的課題について語ります。

  1. 機能照明の安全度向上
  2. 装飾照明の強化
  3. 自律車両照明

 

>>今すぐご登録ください

 

ウェビナーへご参加いただくメリット?

  • 車外のアイコンシンボルをプロジェクション照明することで、車両と歩行者間の全く新たな通信方法を提供し、同時に急速に成長しつつある自動車照明の車内照明需要を満たす上での課題を説明し、実演します
  • MLAプロジェクション照明技術の背景と、amsが市場へ初めて参入できた理由
  • amsのMLAポートフォリオの概要と主なオートモーティブアプリケーション

 

ウェビナーの講師:Sinisa Dohnal

ams AG、PLSプロダクトマネージャー

 

Sinisa Dohnalはドルトムント大学にてコンピューター工学を専攻しました。彼は1996年にオートモーティブ業界でキャリアを開始しています。彼はこれまで、車両照明を含む数々の自動車分野に従事しています。2018年より、彼はオーストリアのプレムシュテッテンにて、ams AGのオートモーティブ事業、PLS(プロジェクション照明ソリューション)部門のプロダクトマネージャーを務めています。