Digital Augmented Hearing

適応型漏れ補正はパーソナルオーディオを一変させます

amsのチームは今日のコンシューマーテクノロジーで最も重要な要素の多くを開発しています。そのため、消費者の嗜好を理解することが不可欠です。このため、当社は今年度初頭、イヤーバッドについて消費者にアンケート調査を行いました。イヤーバッドをどう使用し、何が気に入って何が気に入らないか、そして最も関心のある将来のイヤーバッド関連のイノベーションです。多くの消費者が適応型漏れ補正(ALC)を求めていることは、消費者自身ですら気づいていない事実の一つです。

最も驚かされたのは、例えば多くの人が複数の方法でオーディオを楽しんでいる現実です。おそらく意外なことに、消費者は用途に応じて異なるフォームファクタを使い分けています。例えば、激しい運動にはタイトフィット型、「一日中」着用する場合はルースフィットなどです。また、どのフォームファクタであろうと、デジタルアクティブノイズキャンセレーション(ANC)テクノロジーが求められていることも判明しました。

当社の調査はすべての要素を網羅しています。北米、ヨーロッパ、中国にまたがる2,000名以上の回答者から、周囲ノイズに邪魔されず、音楽、ポッドキャスト、音声通話などを楽しみたいとユーザーが考えていることがわかりました。

ルースフィットなイヤーバッドには無数の技術的課題がのしかかります。

amsのAS3460センサを採用するイヤーバッドは業界最先端のANCを提供し、周囲ノイズを除去します。この技術は自然な強化された透明モードを使用して、音声と音楽へ同時に焦点を合わせます。しかし、ルースフィットなデバイスでは、イヤーバッドの周辺から漏れ、ユーザーの耳へ入る周囲ノイズは、特にユーザーの移動中は、絶えず変化しています。同じことが、インイヤー型のイヤーバッドにも言えます。耳の形は各個人に応じて異なるためです。たとえタイトフィットなイヤーバッドであっても、使用中に位置が変わり、ノイズキャンセル特性に影響します。

これはつまり、消費者は専門用語を知らないかもしれませんが、ANC機能以外にも求められているのは、自動漏れ補正テクノロジー(ALC)であることを意味します。ALCはamsが開発したアルゴリズムの一群です。ルースフィットまたはタイトフィットなイヤーバッドとユーザーの耳の間で、絶えず変化する漏れノイズをリアルタイムにモニタリングして補正します。ALCを使用すれば、消費者はどちらのイヤーバッドを使用しても拡張リスニングとANCを楽しめます。イヤフォンを耳にきつく、またはゆるく装着した場合のいずれも、最適化され安定したANCパフォーマンスを得られます。

ALCなどの画期的なイノベーションのおかげで、amsが提供するデジタル拡張リスニングソリューションは、ワイヤレスと有線のイヤーバッド両方でオーディオデバイスの新たな時代を切り開いており、ユーザーが「聴きたい内容だけを聴ける」ようにしています。本技術は、ANC性能を様々な周囲ノイズ環境へ自動的に適応させる自動プリセット選択(APS)にも対応しています。

ams AS3460は低電力かつ小型のデジタル拡張リスニングコンパニオンデバイスです。また、消費者が必要な内容をOEMが確実に提供できるようにするテクノロジーの一種でもあります。

より詳しく知るためにAS3460とamsオーディオセンシングテクノロジーの詳細をご覧ください。 モバイルデバイス向けのアプリケーションの詳細をご覧ください。

コンシューマーオーディオのアンケート調査の詳細をご覧ください。 消費者向けのプレスリリースOEM向けのプレスリリースブログなどを用意しています。調査結果を解説したeブックをダウンロードいただけます。