Check out our webinar about communicating with projected lighting in automotive

Enabling automotive design engineers to use projected lighting to communicate with car- and road-users beyond the simple and straightforward illumination functions available today.

projected lighting in automotive

amsのマイクロレンズアレイは、マイクロオプティクスレンズに組み込まれた画像を持つ超小型プロジェクタとして動作し、鮮やかな色の鮮明な画像を生成します。

 

マイクロレンズは長い焦点深度を提供します。それによって平行平面傾いた平面、または曲面でも焦点の合った画像を投影できます。

 

マイクロレンズアレイは、非常に薄型のフォームファクタで明るい出力を提供するように構成することができます。従来のプロジェクタ技術では、必要とされる輝度が高いほど、プロジェクタは大きくなります。対照的に、マイクロレンズアレイは、プロジェクタの厚さ(典型的には3mm同じままで、像を重なり合わせてより明るい画像を生成するように互いに隣接して配置さることができます。

 

amsのマイクロレンズアレイ技術は、車載分野や車載以外のさまざまなアプリケーションで、すでに使用されています。

 

車載アプリケーション

  • スリムなヘッドライト
  • グリルライト(前後)
  • ブレーキ警告灯
  • 自律駐車のための周辺警告灯
  • 自律走行用周辺照明
  • インテリア車両照明
  • アニメーション照明

以下のような独自の光パターンを投影することができます:

  • カスタムパターン
  • コーポレートロゴ
  • 複雑な静止画像またはグラフィックス
  • カラー画像