ファクトリオートメーション

amsが提供するCMOSエリアスキャン及びラインスキャンセンサのシリーズは、マシンビジョンアプリケーションで使用するための高いフレームレートとグローバルシャッター機能を備えています。

 

amsCMOSイメージセンサは、CCDイメージセンサと同じ高品質のイメージを生成しますが、低消費電力、オンチップADCの集積化、高データレート、デジタルインタフェース、及びセンサ動作のオンチップ制御など、CMOSイメージセンサの他の利点をすべて備えています。

 

amsイメージセンサの8Tグローバルシャッターピクセルは非常に高いシャッター効率(寄生受光に対する感度が低い)を持ち、高ダイナミックレンジに最適化された動作モードを提供します。これは、屋外環境など、照明条件の制御が制限されているアプリケーションにセンサが非常に適していることを意味します。

ロジスティクス

バーコードおよび2次元コードの読み取り装置は、通常2つのアプリケーションADC:自動データ収集またはAI:自動検査)のうちの1つをサポートします。リテール、POS端末、クーリエピックアップそして倉庫で使用されるハンドヘルドADCスキャナは、レーザー、リニアイメージセンサーまたはアレイイメージャーに基づます。AIスキャナーは、通常、工業製品やパッケージソートアプリケーションで使用される固定コードリーダーです。

 

現在、レーザベース及びリニアアレイイメージャから、さらに優れた性能及び信頼性を提供する画像センサのアレイに置き換える傾向が強まっています。グローバルシャッター機能を備えたamsCMOSイメージセンサは、ADCまたはAIアプリケーション用のスキャナーと容易に一体化できます。

Volume and Distance Measurement

Solutions from ams enable 3D measurements used for volume and distance measurements. Possible applications are only limited by the creativity of the user.

Volume measurements can be used in AIDC to track the dimensions of packages in a fully automated warehouse. Distance measurements enable robots within an automated warehouse to move without risk. ams provides key components for all 3D technologies as well 1D time-of-flight (ToF) sensor solutions supporting both single- and multi-zone/multi-object detection capabilities.

Motion Analysis

Motion analysis is used in a diverse range of applications – from production-process review, to sports-performance analysis, even enhanced motion picture applications, and even dance and sport games.  It uses the science of motion capture and analysis in either 2D or 3D configuration. In production, motion-analysis software calculates parameters such as distance, velocity, acceleration, and deformation angles as functions of time. This data is then used to optimize or correct a manufacturing process, or enhance sport performance, and even create avatars in films or games.  Key sensor challenges include high-speed motion capture and NIR sensitivity for eye safety during the illumination of scenes.

For commercial application, motion analysis is always required to understand human behavior to achieve optimum business needs, which will help to enhance human life. Typical applications like footprint tracking, heat map analysis, and dwell time analysis are applied with 3D features to increase data accuracy. ams' VCSEL-based flood illuminator is a key component for time-of-flight (ToF) 3D solutions, especially when implementing ultra-wide angles.

ITS(インテリジェント交通システム)

ITS機器の仕様では、一般的にグローバルシャッター画素、高シャッター効率、高ダイナミックレンジ(HDR)が求められます。レーンごとに必要とされる解像度は、通常6001200ピクセルの範囲です。

 

CMV2000CMV4000CMV8000、及びCMV12000などのamsCMOSイメージセンサは、これらすべての要件を満たし、違反監視、料金管理、交通管制などのITSアプリケーションで広く使用されています。