MedAppl. Digital X-ray banner
一緒に旅を始めましょう。
私たちのビジョンは、光学ソリューションの揺るぎないリーダーシップを目指すことです。
MedAppl. Digital X-ray systems

デジタルX線システム

デジタルX線システムは、放射線医師の日常業務に欠かせない要素です。このシステムは、乳房X線撮影、がん検診、骨折診断、胸部X線撮影、歯科用X線撮影、血管造影など、多種多様な医療診断の基礎を成します。


 フラットパネル検出器は、あらゆるデジタルX線システムの基盤となります。X線管で生成され、患者の身体を通過した放射線を回収します。ここで出力された画像を使用し、放射線医師が診断を行います。

MedAppl. - Flat Panel Detector

フラットパネル検出器の仕組み

フラットパネル検出器(FPD)は、数個のブロックで構成される複雑な機器です。最大のブロックは、放射線を回収するピクセルアレイです。アプリケーションの要件に応じて、衝突するX線を電荷へ変換する技術が複数存在します。この基本機能に加えて、ピクセルアレイは変換された電荷の流れを読み出し用のノードへ誘導するスイッチも内蔵しています。


 ピクセルアレイの片側に、FPDは読み出しIC(ROIC)と呼ばれる専用の集積回路(IC)も備えており、詳細な処理やコンピューターでの表示に使用できるよう、電荷をデジタル出力へ変換します。もう片側にはゲートドライバーICの一群が配置されており、スイッチの状態を制御します。

MedAppl. - ams offer for digital FPDs

amsが提供するデジタルFPDシステム

amsは集積回路設計に関する豊富なノウハウ、半導体生産工程の専門知識、医療画像処理機器のエコシステムを長年扱った実績を活かし、標準製品と特殊アプリケーション用のカスタムデバイスの両形態で、最先端の読み出しICとゲートドライバーを提供します。
 
最新のROICはデジタルX線センサのAS5850Bです。ほとんどのX線システムで使用可能な、16ビット、256チャンネルの低ノイズ型電荷-デジタル変換器です。非常に柔軟にプログラミングでき、多彩なアプリケーションでシステムパフォーマンスを最適化できます。高速、低ノイズ、低消費電力の特徴を併せ持ち、画質を最大限に高めて患者の放射線への暴露を最小限に留めつつ、市場への投入時間を短縮させます。