Banner CMOS Micro Camera Module
Ultra-Small Imaging

超小型の画像処理

amsの医療内視鏡検査用の画像センサは、可能な限り小さなチップ面積に最適化され、最小限のスペースでも使用が可能です。
 
amsセンサは、ごくわずかな電力しか使用せず、最小数の電気接続を必要とします。電源は1つで済み、単一の双方向シリアルインターフェースで通信します。
 
NanEyeシリーズでは、amsはわずか0.83mm³の容量を持つ画像センサモジュールを開発しました。特別なレンズとカバーグラスで組み立てられたセンサは、直径が1.1mm未満の内視鏡に適合し、完全に自律的に動作し、先端に外付け部品を使用することなく最大3mのケーブル長で信号を駆動することができます。

Wafer Level Optics Module

ウエハーレベル光学モジュール

1 x 1 mmとわずかに大きな設置面積を持つこのカメラモジュールは、より複雑なマルチエレメントのレンズを特徴とします。これは3つの非球面で構成され、50%を超えるコーナーMTF、完全な視野にてわずか15%の歪、1ピクセル未満の色収差を実現しています。

ウエハーレベルの光学系(WLO)はデュアルVIM(真空射出成型)プロセスに基づき内製されており、f#数(口径)を調整して様々なアプリケーションの要求に基づきフォーカスを最適化できるようになっています。また、側面の塗装とレンズ-センサ組付けおよび試験は自動化された流れで内製され、これら小型モジュールの製造品質を最高に保っています。
カメラモジュールは医療用内視鏡アプリケーション用にケーブルが取り付けられており、コンシューマーおよびHABAアプリケーションに向け表面実装デバイスとして提供されます。

New image sensor evaluation kits

新しい画像センサ評価キット

新型のNanEyeCデモキットは、普及型のArm Cortex MとCortex Aプロセッサのプラットフォームに基づいています。  両方共に、カメラモジュールへインターフェースするために必要なすべてのドライバーと、素早くハードウェア実装するための参照回路図が同梱されます。

  • NanoVision 基板
    登場検出などの低フレームアプリケーション用。
  • NanoBerry 基板
    視標追跡やステレオビジョンシステムなど、より高度な操作用。

 

Nan_Eye_Single_Element_vs_Multi_Element_Lens_880x586