LiDAR banner - Applications

LiDAR solutions for autonomous vehicles

自動運転車向けのLIDARソリューション

現在、ほとんどの車両にはACC(アダプティブクルーズコントロール)、車線維持支援、駐車支援のようないくつかのドライバー運転支援システムの1つが装備されています。これらのシステムはまだ、ドライバーを主体とし、必要なときには素早く操縦を再開できることを前提としています。次のステップは支援から自動運転への移行です。このステップでは、ドライバーは絶えず注意を払う必要はなくなります。SAEでは、これをレベル3以上と分類しています。車は人の介入なしにタスクを遂行し、人による制御が必要なときにはドライバーにアラートを発します。 

自動運転に向けたこのステップでは、多くの新しい部品とソフトウェアを導入し、車がその環境を重要な意味を持つと「見なす」ことができるようセンサをアップグレードする必要があります。

Level 3+ requires LiDAR

レベル3以上にはLIDARが必須

現在のドライバー運転支援システムはカメラ、レーダー、または両方の組み合わせに依存しています。表に示すとおり、どちらも(個別であれ組み合わせであれ)、完全自動運転のための性能基準を満たしていません。人による監視はもはやオプションではないため、センサの冗長性によりこの監視タスクを引き継ぐ必要があります。LIDARを導入することで完全自動運転が可能になります。これこそ、地図上で車両の位置を正確に判断し、遠距離の物体を検出、識別する唯一の技術なのです。カメラとレーダーを統合したLiDARが、後にはV2Xが十分な冗長性を実現します。
 

LIDARは新しい技術であるため、その完成度、コスト、フットプリントはまだ改善の余地があります。AmsのVCSELポートフォリオにより、これら3つの領域で段階的に機能を改善することが可能になります。