ams Automotive Solutions

世界と共に、車両もまた、ますます相互接続を深めています。今日の課題は、移動の過程を改善し、自動車の交通をよりスマート、安全、快適にし、環境への配慮すら強化することです。当社のセンサーソリューションが自動車産業を支援する方法をご覧ください。

ハンズオンホイール検出

静電容量センシングのエキスパートであるamsは、高信頼性かつ高精度な存在検知センサを発表しました。このセンサはターゲット(導電板)と人体の間で発生するインピーダンスを測定します。

自律走行車にも転用可能な自動運転が、未来の鍵を握っています。これには、複数のドライバー監視機能が存在します。自動運転への一般的な応用例の1つとして、ハンドルへ手が乗せられた状態の検出が挙げられ、amsの静電容量存在検知センサがこれに最適です。加熱板は、ハンドルと人間の手の間における容量(インピーダンス)を感知する用途にも使用できます。インピーダンスを感知する場合、ペットボトルなどの物体がハンドルに置かれた際に誤って検知してしまうといった、システムの誤検知が起こる可能性がずっと低くなります。

ドライバーモニター及び識別システム

完全自律走行車(レベル5の自律走行に分類される)では、ドライバーが車両の操縦を再開する能力の有無を継続的に監視する必要があります。この用途で3D光学センシングが既に使用されておりデプスマップからドライバーの姿勢や、ドライバーがどこを見ているのかを示すデータを作成し、車両の制御を引き受ける準備ができている状態かどうかを判断します3Dセンシングは、ドライバーの識別とアクセス制御にも使用できます。現在すでに使用され、開発中の3Dセンシングソリューションは、フライト時間測定のためのタイムトゥデジタル変換器、構造物ライト及び適合ステレオビジョンシステムの照明ソリューションなどの技術を利用しています。

現在すでに使用され、あるいは開発中の3Dセンシングソリューションは、タイム・オブ・フライト測定のためのTime-to-Digitalコンバーター、構造物ライト及び適合ステレオビジョンシステムの照明ソリューションなどの技術を利用しています。

Gesture Sensing

Tomorrow’s automotive interior will be fundamentally different in shape and functionality, as end customers demand greater convenience, safety, and individualization. Car manufacturers around the world are working toward enhancing the overall driving experience for their customers and this includes implementing innovative ways in which the driver and the passengers can interact with the vehicle's systems and settings.

Optical gesture sensing has proven itself to be a superior technology to simplify human-machine interaction in the car and improve safety by enabling the driver to keep their eyes on the road while communicating with the vehicle via gestures . Already today, optical gesture control systems enable applications like starting or ending a phone call, starting or ending the navigation, controlling the sunroof, radio and sound-settings, scrolling through menus, and adjusting the interior lighting. As the technology matures, more and more applications will follow.

With its rich portfolio of illumination and sensing solutions, ams can support various system approaches ranging from proximity-based solutions for simple and static gesture recognition up to highly sophisticated 3D ToF architectures for complex and dynamic gesture recognition.

Interior Monitoring

With new upcoming occupant-related safety standards and increasing vehicle autonomy, interior monitoring systems are becoming indispensable to gather a sophisticated scene understanding of the vehicle's interior.
 

Focusing on passengers, pets, and objects in the car, interior monitoring systems can enable various safety- and comfort-related applications for  passenger cars and robo-shuttles, like child- and pet-presence detection, adaptive-airbag deployment, unbuckled-occupant detection, people counting and object left-behind detection.  
 

With a wide range of illumination and sensing solutions, ams can address all common 2D and 3D imaging-based system architectures to realize interior-sensing applications.


> Read our press release about TARA2000-AUT

誘導式モーター制御

誘導センサ技術に基づき、これらのセンサは回転ターゲットを介して励磁コイル(TX)と2つの受信コイル(RX)間のカップリングを測定します。コイルは基板コイルとして実現され、回転ターゲットは単純なパンチングメタル部品です。コイルとターゲットを正しく配置し、両方がモーターのポール・ペア数に同期するようにすれば、IC出力は1組のポール・ペアセグメント内で電気角位置に比例し、解像度と性能をわずか0.3°電気INLまで改善できます。


柔軟性、簡単な利用、システム全体の低コスト化を実現するこうした製品は、リゾルバの代替として完璧に機能し、軸内および軸外のアプリケーションの両方で使用できます。

角度センシング及びモーター制御

高精度で堅牢で信頼性の高いコンパクトなams位置センサは、車載角度回転位置センシングアプリケーションに最適です。

アクセルペダルやブレーキペダルの角度およびギヤシフタとシャーシの位置を検出するために、ams車載角度センサが広く使用されています。

モーター制御専用回転位置センサは、電動パワーステアリングのポンプ用モーターやトランスミッションシステムモーターなどの車載用途にも理想的です。電気自動車やハイブリッド電気自動車用の数急速に伸びてきています。このアプリケーションでは、amsのモーター制御センサポートフォリオは、高回転速度でも高い精度を発揮することができ、モーターに流れる高電流によって誘導される外部磁界に本質的に影響されません。

 

自律走行自動車向けのLIDARソリューション

ますます洗練されたドライバー援助システムを自動車に装備し、最終的に自動車を完全に自立させるためには、物体検出と画像センサの組み合わせが欠かせません。レーダ検出器、カメラ、またLiDAR のような光学的な奥行きセンシングシステムを組み合わせることで、自動車は周囲の空間の詳細なリアルタイムビューを取得することができ、冗長性を持たせることでいずれかのセンサが故障した場合でも保護できるようにします。

LiDAR システムではamsVCSELアレイとVCSELドライバー技術は、広い温度範囲で非常に信頼性高く動作する高出力光源を提供します。

プロジェクションライティング

amsのマイクロレンズアレイ(MLA)プロジェクション技術により、自動車メーカーは、コンパクトで小さなフットプリントのプロジェクションライティングを実現し、明るく鮮明な画像を平坦な表面に投影することができます。本質的に延長された焦点距離を特長とするMLAプロジェクションライティング装置は、様々な表面上及び長焦点距離にわたって画像を投射することができ、外壁照明及び室内照明の両方に理想的です。

将来のアプリケーションには、ターンインジケータ、車両が自律モードであることを示すための追加のブレーキライトやインジケータライトなどの安全照明が含まれます。

車載バッテリーパックの高精度センシング

電気自動車は、動力用バッテリーの充電状態や動作状態を正確に測定し、車両の走行距離を高い精度で推測する必要があります。

amsシャント抵抗ベースのゼロオフセットバッテリーセンシングソリューションにより、車載バッテリー管理システムはこのアプリケーションで必要とされる非常に正確な電流及び電圧測定を可能にします。