Tech - Audio - Banner

Technology - Augmented Hearing

デジタルANC - 拡張リスニング

聴きたい内容のみを聴けます。デジタル拡張リスニングソリューションは強化ワイヤレスイヤフォンの新たな時代を開き、市場をリードする>40dBのアクティブノイズキャンセレーション(ANC)性能を通じて周囲ノイズを解消し、同時に当社の自然な強化された透明モードにて音声と音楽へ共に焦点を当てられます。 

本技術はams自動漏れ補正(ALC)技術を通じてワイヤレスイヤフォンに対応しています。ルースフィットイヤフォンは広範に普及していますが、イヤフォン周辺からユーザーの耳へ侵入する周囲ノイズが常に変化するため、ルースフィットイヤフォンへANCを実装することは非常に困難です。ANCはこの変化する漏れに対処するため、継続して監視と補正を行う適応フィルター段を備えています。この独自機能は、ユーザーの耳へイヤフォンがどの程度適切に装着されていようとも、最適化され安定したANC性能を提供します。ALCおよび自動プリセット選択(APS)といった機能はams独自の拡張リスニングエンジン(AHE)により実現されています。これは、トゥルーワイヤレスシステムの低消費電力要求を満たす専用設計されたデジタル信号処理機(DSP)です。

Technology - Analog Active Noise Cancellation

アナログアクティブノイズキャンセレーション(ANC)

ANC技術は、環境からの不要なノイズの量を大幅に削減し、モバイル通信やマルチメディアデバイスのリスニング体験を改善します。

ハイブリッドANC技術とゼロ遅延アナログ信号処理を採用したANC ICは、ヘッドフォンのイヤーカップ内部で不要な周囲ノイズを40dB以上減衰させます。ams ANC製品は、市販されている競合製品よりも占有面積が小さいモノリシックICです。amsのANCソリューションは低コストであり、同等のソリューションよりも消費電力が少なくて済みます。

ANCシステムは、スタンドアロンで使用することも、Bluetooth®、USB-C™、Lightning®コーデックと組み合わせて使用することもできます。このICの低消費電力は、小型バッテリでも容易に終日動作が可能であることを意味します。

Technology - Power and communication interface

電力および通信インターフェース

Bluetoothイヤフォンが普及しており、こうしたデバイスを携帯デバイスで充電することが必要となります。イヤフォンと充電クレードルは共に電子回路とセンサーが組み込まれていますが、充電ケースとイヤフォン間の接続は、通常は接地線と電力線の2本の線で制限されています。2本の線の能力を強化しない限り、バッテリー充電では電力供給しか対応できません。 

POW:COM技術は2線接続の機能を拡張し、イヤーピースへの充電と通信を同時に行えるようにします。充電クレードル内のプロセッサーはイヤフォンからデータをリクエストしつつ、充電を行えます。逆もまた可能です。

システムを駆動するためには各側にてそれぞれ2つのチップが必要となります