Newscenter - Press Releases banner
ナビゲーションメニュー
アセットパブリッシャー
New reference design board from ams for 48V lithium battery monitoring systems

ams、48Vリチウム電池監視システム向けの新たなリファレンスデザインボードを発表

2015/09/14

ハイサイド電流、セル電圧、温度を監視するための完全なソリューションを提供 シンプルなソフトウェアが装備されたハードワイヤード方式の実装により、機能安全性規格ISO 26262への準拠が容易に

German version

ams(日本法人:amsジャパン株式会社、東京都港区、カントリーマネージャー 岩本桂一)は本日、高い性能を持つ小型でシンプルな48V車載バッテリ監視システム向けリファレンスボードを発表しました。

本ボードは48Vリチウムバッテリーパック単体で駆動する次世代のシステムや、乗用車や小型商用車、電動スクーターやバイクなどに使用されている48Vと12Vの2つ電源系で駆動するシステムの開発に適しています。

amsの48Vボードは、完全なバッテリ監視と安全システムを一枚の小型PCBで提供します。バッテリ電流、バッテリ全体と各リチウムセル両方の電圧と温度を測定します。

ボードのハイサイド電流センサはバッテリのプラス極に接続されています。その結果、電流センサが過負荷状態を検知した際、自動で作動するバッテリ遮断スイッチをボードに組み込むことが可能となりました。これにより、バッテリのセルが損傷から防ぎ、バッテリ寿命の延長が期待できます。

さらに、amsのボードはマイクロコントローラやプロセッサを介することなく革新的な方法で、ハードウェアでセルバランシングを実行します。このボードは各セル電圧を比較し、すべてのセル電圧を等しく保つためにセル間の電流の充放電をスイッチをコントロールします。

この48Vバッテリ監視システム全体が複雑なアプリケーションソフトウェアなしで動作することから、車両の電源管理システムへの実装が迅速かつ容易に行えます。また、電源システムの設計者は、エラー補正やセルバランシングのために複雑なアルゴリズムの安全機能を開発、テスト、検証する必要がないため、容易に機能安全規格ISO 26262への準拠を実現できます。

ams、モビリティセンサ製品担当マーケティングマネージャ、サビーヌ・ユートのコメント:「amsが開発した新しいバッテリ監視リファレンスボードは、車両における48V電源システム開発における複雑で難しい実装から開放します。amsは、アナログコンポーネントとオンボード48V高精度アッテネータの精度と正確性を提供する高性能ボードを実現しました。これはつまり、他の48Vバッテリ監視システムのように、複雑なエラー補正ソフトウェアやハイエンドマイコンを必要としないということです」