一緒に旅を始めましょう。
ams AGが所有するamsブランドと、OSRAM GmbHが所有するOSRAMブランドは、個別に登録された商標です。
Extra Horizon

ams、革新的なポイントオブケアクラウドソリューションを進化させるプラットフォームとしてExtra Horizonを選定スペクトルセンサで強化されたラボ品質のラテラルフロー検査ソリューションによって、新型コロナウイルス感染症対策を支援

2021/02/03

amsとExtra Horizonが、医療クラウドに接続されたラテラルフロー検査(LFT)用にスペクトルセンサベースのソリューションを構築し、パンデミックに対抗すべく提

News facts:

  • amsとExtra Horizonが、医療クラウドに接続されたラテラルフロー検査(LFT)用にスペクトルセンサベースのソリューションを構築し、パンデミックに対抗すべく提携

  • amsがラボを必要とせず手軽に使用できる新型コロナウイルス感染症(Covid-19 、ウイルス名:SARS-CoV-2)抗原または抗体の検査読み出しソリューションを提供し、ポイントオブケアにて約15分以内に信頼性の高い判定結果が取得可能に

  • Extra Horizonが世界最高レベルの高性能かつ医療グレードのクラウドソリューションを提供し、スマートフォンへほぼ瞬時に判定結果を送信

  • Extra Horizonによるグローバルプラットフォームの性能はすでに実証されており、機密データを扱う際のGDPRなどの各地のデータ処理規制に完全に準拠する形で、広範な地域にわたって安全かつ確実にリアルタイムで、一度に最大数百万までの試験結果の処理が可能

  • amsのスペクトルセンサベースによるSARS-CoV-2抗体のデジタル高速検査は、独Senovaがすでに本格的な生産を開始

 

高性能センサソリューションのグローバルサプライヤー大手amsの日本法人amsジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役バイスプレジデント:神永眞杉)は本日、デジタルヘルスケアの力をフル活用する、スペクトルセンサをベースとした革新的なポイントオブケアソリューションの強化に向けて、Extra Horizonが開発した高性能のクラウドインフラストラクチャを選択したことを発表しました。現在進行中のコロナ禍においては特に、公衆衛生を守るために迅速で正確な試験が欠かせません。amsとExtra Horizonによる常時接続のセンサソリューションは、正確かつ効率的なポイントオブケア検査を可能にし、両社共同で世界的な課題に対する独自の解決策を提示します。

新型コロナウイルス感染症対策の新たなツール

新型コロナウイルス感染症拡大により、高精度かつ安全な高速検査と瞬時のデータ取得の重要性が、強く認識されています。特に、ロックダウン対策の策定や運用にあたり、こうしたデータは不可欠です。amsのスペクトルセンサとExtra Horizonの常時接続ソリューションが組み合わさることで、高速で高精度なラテラルフロー(免疫アッセイ)検査といった様々なデジタルのポイントオブケア検査が可能になります。実際、このテクノロジーの成果として、SARS-CoV-2抗体のデジタル高速検査のフル生産ラインが既に稼働しています。それに加え、Extra Horizonのグローバルプラットフォームが広範な地域へ展開できることは、既に実証済みです。つまり、機密データを扱う際のGDPRなど各地のデータ処理規制に完全に準拠する形で、安全かつ確実にリアルタイムで、一度に最大数百万までの試験結果を処理することができます。

amsのグローバルセールスとマーケティング部門でエグゼクティブバイスプレジデントを務めるピエール・ラボワッセ(Pierre Laboisse)は次のように述べています。「政府と監督機関は、高速で安全かつGDPRに準拠した医療グレードのクラウドソリューションで判定結果を獲得できる、高速で信頼性が高く効果的な検査を実現する必要があります。Extra Horizonは医療クラウドにおける豊富な実績を持ち、GDPRに準拠した最高レベルの医療グレードのクラウドソリューションを提供します。広範な知見を活用したカスタムソリューション開発に関する専門性から、同社はこの重要な事業における理想的なパートナー企業です。このソリューションが物流や医療現場での複雑なプロセスを取り除き、大規模検査への取り組みを合理化することで、パンデミックを制御し、我々が普通の生活と呼ぶ多くの経済活動や社会活動の再開を助けるにあたって不可欠なツールとなることを願っています」

IVDテクノロジーのデジタル移行を推進

amsの高度光学スペクトルセンサとExter Horizonの強力で安全かつ医療規格に準拠したモバイルアプリケーションおよびクラウド接続サービスの組み合わせにより、サードパーティの体外診断(IVD)プロバイダーは、全範囲の要件に対応できるようになります。これにより、デジタルヘルスソリューションの開発が加速し、市場投入も加速することが可能です。amsの光学読出しモジュールと内蔵のスペクトルセンサは、シンプルながらも非常に正確かつ高精度に設計されており、ラテラルフロー検査などのポイントオブケア環境において、関連する可能性のある幅広いバイオマーカーを検査するのに適しています。これにより試験手順が改善されるだけでなく、大量生産でも製造コストを低く抑えられます。

Extra HorizonのCEO、ラース・グリーテン(Lars Grieten)は次のように述べています。「このグローバルな提携関係は、最先端のヘルステックセンサがデジタルインフラで強化されることで、医療機関および家庭の両方の環境でポイントオブケア検査ソリューションを提供できることを明確に示しています。デジタル化された未来においては、高速検査はより意味を持つでしょう。また、重要な決定を素早く下せるようにしたことで、既にこの検査はコロナ禍の危機を乗り越えるために必要な支援を提供していると考えています」

複製しやすい方式

ポイントオブケアソリューションのソフトウェアコンポーネントは、Extra Horizonの堅牢で規格に完全準拠したバックエンドソリューションによって支えられています。このプラットフォームは規制準拠にかかる負担および購入に伴うリスクを軽減し、速度、柔軟性、拡張性、信頼性に優れた高度な医療アプリケーションを構築するために必要な技術フレームワークと補完的なサービスを企業に提供します。

Extra Horizonについて

Extra Horizonは、Oompium社が開発した医療分野のサービスとしてのバックエンドプラットフォームであり、画期的な医療アプリの作成を可能にし、ヘルスケアのデジタル革命を加速させます。Extra Horizonのプラットフォームは、重要なコンポーネントの供給によりデジタルヘルスケア分野に破壊的革新をもたらします。これは、必要な機能をすべてに加え、機敏性、グローバルな規制準拠、そして拡張性を備えた医療インフラです。Qompiumは、Lars Grieten、Kobe Leysen、Bieke Van Gorp、Jo Van der Auweraによって2014年に創立され、ベルギーのハッセルトを拠点としています。Qompiumは先日、新たな投資契約を締結しており、成長を加速させています。www.extrahorizon.com