Digital Temperature Sensors

プロセスの自動化と監視から医療とモビリティにいたるまで、最先端の産業アプリケーションへデジタル温度センサを組み込むことは自明の理です。以下、その理由を説明します。

世界の温度センサ市場は急速に拡大しており、現在の25億ドルから成長し、2027年には88億ドルに達する見込みです。*この急成長は、主に高精度な温度測定を要求するアプリケーションの爆発的な増加により後押しされています。こうしたセンサはコンシューマーベースおよび産業ベースのアプリケーション両方を制御し監視します。例えば、PCB設計における部品の高密度化に伴い放熱性がシステム全体のパフォーマンスに大きく与える影響を監視する場合などです。また、安全なユーザー体験を確保するために正確な温度制御が欠かせないバッテリー駆動型のソリューションの増加も忘れてはなりません。

 

デジタル温度センサへの移行

これまで、デジタル温度センサはスマートフォンやスマートスピーカーなどのコンシューマーアプリケーションで主に普及してきました。イノベーションが継続したおかげで、予測メンテナンス、自律機械工作、工程監視、アプライアンス、ロボット工学といった新たなユースケースも大量に出現しており、産業アプリケーションの増加が目立ちます。これは高精度化、コスト低減、産業規格への準拠、旧式のアナログセンサの置き換えなどの需要により後押しされています。この動きは、主にインダストリー4.0への移行と、現在の市場におけるデジタルデバイスやコンポーネントの急速な成長が原因で起こっています。

 

当社は超低消費電力を求める高精度アプリケーションに向け設計された高度デジタル温度センサを製造しています。当社製品は産業オートメーション、モバイル異常監視、ウェアラブルに最適です。amsベースのデジタル温度センサが産業アプリケーションへの普及を増している背景には、2つの技術革新が存在します。まず、精度測定の改善により完璧な温度測定が可能となっています。もう一つの理由は、小型ウエハーレベルチップスケールパッケージ(WLCSP)が採用されたことで、顧客がターンキーソリューションをより素早く低価格で開発できるようになり、市場への投入時間が短縮され競争上の優位性が増していることです。

 

デジタル温度センサのAS621xファミリーを選ぶ3つの理由

 

1. 生産現場にて校正済み

市場における当社の成功は、社内に蓄積された専門知識に依っています。当社は顧客のニーズを念頭に、デジタル温度センサを設計製造します。デジタル温度センサのAS621xファミリーは、どんな設計にも簡単に統合できる、完全校正済みで直線化されたセンサソリューションです。顧客側では、高価につく場合が多いシステムレベルの社内校正を行う必要はありません。

 

2. 部品数の削減

AS621xファミリーは完全な小型デジタルセンサシステムです。つまり、設計精度は高精度参照抵抗や高グレードのLDOやADCといった外部コンポーネントに依存せずに済むようになります。さらに、温度変換に使用するアプリケーションプロセッサーを最小限にとどめられます。顧客は時間をかけてコンポーネントを選定して比較試験を行い、最高のコンポーネントを選別する作業に煩わされずにすみます。つまり、市場への投入期間が短縮されます。

 

3.超低消費電力

当社が送る最先端のデジタル温度センサAS621xファミリーは、超低消費電力を念頭に設計されています。動作電流とスタンバイ電流を低く抑えた以外にも、「割り込み」ピンを備えたアラーム機能を統合しており、しきい値に達しない限りアプリケーションプロセッサーはウエイクされないため、全体的な消費電力がさらに節約されます。

 

->  オンデマンドウェビナーにお申込みいただき、デジタルセンサのAS621xファミリーの詳細をご覧ください。

 

当社の高性能、インテリジェント化、小型化されたセンサは、より豊かな生活を実現するテクノロジーを支援します。amsが送る最新のデジタルセンサは市場への投入期間を短縮し、事業の優位性を確保します。ご興味をお持ちいただけましたか?ぜひお問い合わせください