ams releases interoperable PDK for its 0.35µm analog specialty processes

ams、0.35µmアナログ特殊プロセス向けの相互運用可能なPDKを発表 iPDKにより、様々なEDAベンダーツールを使用してファウンドリカスタマによる複雑なICの設計を可能に

2016/03/22

iPDK enables foundry customers to design complex ICs with multiple EDA vendor tools

German version

ams(日本法人:amsジャパン株式会社、東京都品川区、カントリーマネージャー 岩本桂一)は本日、初の0.35µmアナログ特殊プロセス向けの相互運用可能プロセスデザインキット(iPDK)を発表しました。iPDKはOpenAccessデータベースを基盤にしており、さらに標準的な言語および単一アーキテクチャを使用することにより、様々なEDAベンダーツール間で相互運用を可能にします。

最新のiPDKバージョン4.10は、製品化までの時間を大幅に短縮し、アナログ重視のミックスドシグナル市場での高い競争力をもたらします。この包括的な設計環境は、高精度のシミュレーションモデルとプログラム言語Pythonを元にしたパラメータ化されたデバイスのレイアウト(PyCells)により、シリコン化の為の確実な手段を提供します。

amsの新しいiPDKバージョン4.10は、C35 (CMOS)、S35 (SiGe-BiCMOS)、H35 (高耐圧CMOS)など高機能の0.35µmプロセス技術をサポートしています。amsのiPDKは、シリコンで検証されたデジタル、アナログおよびRFライブラリ素子や様々なゲート酸化膜の厚さを持つ低耐圧(3.3Vおよび5.0V)および高耐圧(10V, 20V, 50V, 120V)デバイスに完全に対応します。面積を最適化した高密度デジタルライブラリや、3.3Vおよび5Vはもちろん、幅広い選択が可能なアナログ・デジタルIOライブラリが全0.35μmプロセスファミリにて利用可能です。広範囲なシミュレーターに対応した完全にキャラクタライズされたシミュレーションモデルや、CalibreやAssura両ツールに対応した抽出・検証実行環境、および自動セルレイアウト生成(PyCells)が含まれています。これにより、製品開発者は自らが選んだEDAベンダーツールを使って「初めから成功する」設計を容易にするプラグアンドプレイのツールセットを利用できます。

ams、フルサービス・ファウンドリ事業部門ジェネラルマネージャ、マーカス・ウクセのコメント

複雑なアナログデバイスやミックスドシグナル製品を開発するファウンドリカスタマは二つの面で恩恵を受けます。第一に新しいiPDKは、業界のベンチマークとなるamsのhitkitを元にしており、完全な設計環境と検証済みのデザインフローを提供します。第二に、iPDKは様々なEDAベンダーツールにおける相互運用を可能にします。お客さまのEDAツールの選択にさらなる柔軟性を提供することで、我々のファウンドリサービスやテクノロジーポートフェリオを拡大し、お客さまが速やかに設計を開始し、本来の業務である半導体設計へ注力することを可能にします」

amsの業界をリードし、ベンチマークともなっているデザイン環境(hitkit)をベースとした最新のiPDKは、C35、H35、S35といった特殊プロセスで利用可能です。このiPDKはキーサイト社Keysight EEsof EDA Advanced Design System (ADS) 2016.01、シノプシス社のGalaxy Custom Designer 2014.12でテストおよび検証を行いました。

amsについて

amsは、高性能アナログ集積回路(IC)の設計及び製造する企業で、お客様が直面する様々な難題を解決し、先進的なソリューションの開発を支援します。amsの製品は精密性、正確性、ダイナミックレンジ、感度において卓越した性能と超低消費電力が必須なアプリケーション向けに開発されています。amsの製品は民生・通信、産業機器、医療、車載向けにパワーマネジメント、センサおよびセンサインターフェース、モバイルインフォテイメント向けに開発されたセンサ、センサインターフェース、パワーマネジメントIC、ワイヤレスICを含みます。オーストリアのウンタープレムシュタッテンに本社を置き、世界12拠点にデザインセンタを展開するamsは、グローバルで1,800人以上の従業員を有し、8,000のお客様を支援しています。amsは、スイス証券取引所(SIX)に上場(ティッカー・シンボル:AMS)しています。詳細については、